HOME >事業内容 > 調剤 > 相談

相談

薬局のこと、お薬のこと、様々な質問にあなたのかかりつけ薬剤師がお答えします。

処方箋の有効期限が切れてしまいました。お薬をもらうことはできないですか?

原則として残念ながら有効期限の切れた処方せんは薬局では受け取ることができません。
診察してから4日以上経ってしまうと病状が変化するという懸念がるためです。
ですので、有効期限が切れてしまった場合は、もう一度受診をして処方せんを新しく発行してもらうことになります。もし、諸事情で4日以内に薬局に行くことができない場合は、受診の際に医師に相談してみてください。

お薬手帳を持つ意味を教えてください。

薬剤師は薬の説明や相談に答えるだけでなく、薬が重複していないか、複数の医療機関にかかっている場合には複数の医師が処方した薬に相互作用がないかについてもチェックしています。
お薬手帳を活用することでお薬の過量投与や相互作用を回避することが可能になります。

薬の飲み合わせって重要?

一般に、何種類かの薬を一緒に服用するのは、治療効果を高めたり、副作用を防ぐためです。
しかし中には薬同士の相性が悪く一緒に服用すると危険な相互作用を起こすものがあります。
例えば、胃潰瘍の薬であるシメチジンと喘息の薬であるテオフィリンを同時に服用すると、テオフィリンの作用が強く現れ頭痛や吐き気、動悸などの副作用が現れることがあります。
こうした相互作用を避けるためには自分が飲んでいる薬の名前をきちんと知っておく必要があります。白い薬、赤い薬という情報だけでは飲み合わせの正確なチェックはできません。
他の診療科を受診するときには服用している薬を全て持参するか、正確な情報が記載してあるお薬手帳などを活用し、必ず医師に伝えましょう。
また、市販薬を購入する際も同じように服用中の薬を必ず薬剤師に告げましょう。
日頃からかかりつけ薬局を決めておくとこのようなチェックを即座にしてくれるので安心です。

薬の剤形はなぜあんなにたくさんあるのですか?

薬の形のことを「剤形」といいます。同じ成分でも用途に応じてさまざまな剤形があります。
剤形が違うのは、必要なときに、必要な部位に、必要な量の薬を届け、その効力を十分に発揮させるためです。
例えばチュアブル錠は噛み砕くと粉に近い状態になり、水なしで服用できるように工夫されています。
また剤形と同様に、錠剤やカプセルのコーティングの種類もどのタイミングで溶ければもっとも効率よく吸収されるかを考えて選ばれています。
剤形、飲み方、使い方などでわからないことがあれば医師や薬剤師に相談しましょう。

塗り薬の種類について教えてください。
軟膏・クリーム・液体など多々ありますが、これらはどう違うのですか?
使い分けが必要ですか?

塗り薬で最も多いのが軟膏です。皮膚を保護する効果が高く刺激が少ないため患部が乾燥したタイプやジクジクしたタイプなど、さまざまな症状に使えます。しかし、べとつくため使用感があまりよくないという欠点があります。
一方、のびや使用感のよいのがクリームです。べとつきが少なく使いやすいのですが、かき傷になった部分やジクジクしている部分には刺激になりやすく適しません。
液状のローションは髪の毛の多い頭皮や広範囲に薬を塗る場合などに用いられます。頭皮に使用する場合には手早く擦り込まないと顔や目に垂れ落ちて危険ですので地肌につけたらすぐに擦り込むようにしましょう。
これらの特徴を理解した上で選択するとよいですが、わからない場合は医師・薬剤師にご相談ください。

ジェネリック医薬品とは何ですか? 先発医薬品との違いはありますか?

ジェネリック医薬品(後発医薬品)とは、新薬(先発医薬品)の特許期間満了後(20~25年)に製造、販売される薬のことです。
新薬に比べて研究・開発費が抑えられるため、薬の価格は新薬の2~7割、平均で半分程度といわれています。この価格の安さがジェネリック医薬品の最大の特徴で、医療費削減のため推奨される背景となっています。
ジェネリック医薬品の有効成分は先発医薬品と同じですが、それ以外の成分(添加物など)が全く同じとは限らないため薬の溶け方や体内に取り込まれる量などが微妙に異なることもあります。ジェネリック医薬品とはいえ医師の処方せんが必要な医療用医薬品です。
メリットや問題点などについて医師や薬剤師から十分な説明を聞いた上で選択するようにしましょう。

子ども用の薬を購入する際に、注意すべきポイントは?

薬は体の中へ吸収された後血液中に入り、肝臓や腎臓を経て排出されます。
特に乳幼児では、薬を代謝して無害にする肝臓の働きや、体外に排泄する腎臓の機能が十分発達していないため、体内に薬が蓄積しやすく薬の作用に影響することがあります。
このため薬を購入する時には、子どもの年齢、体重、アレルギーなどの体質、現在の体調、服薬中の薬の名前などを、必ず薬剤師に告げて相談しましょう。

現在、3つの病院で薬をもらっています。
種類が多すぎていつどの薬を飲めばいいのかわからなくなります。
何かいい方法はありませんか?

処方箋を持ち込んだ調剤薬局や院内処方にかかわらず、お手持ちの全ての薬を整理(服用時点毎に一包ずつ包装するなど)することができます。
お近くのゴダイ薬局へお気軽にご相談ください。

ページ上部へ戻る