HOME >事業内容 > 調剤 > 在宅支援

在宅支援

独居で足元が不自由など、何かしらの理由で薬局までお薬をもらいにくるのが困難な患者様に対して、薬剤師がご自宅にお伺いし、お薬についての説明、服薬についての助言や管理などを行なうことを”薬剤師による在宅医療”といいます。

薬剤の保管方法や残薬の管理、服薬・配薬における有益な調剤方法の提供など様々な相談に対して迅速に対応させていただきます。

どのようなことをしてもらえるの?

処方箋を元にお薬を薬局の方で用意し、ご自宅へ配達、ご自宅でお薬の飲み方の説明、他のお薬・食べ物・飲み物との飲み合わせのチェックを行うと共に、お薬の管理方法等々についてアドバイスを行います。
また介護用品・衛生用品などの相談にも応じます。

具体的には?

一包化(1回分ずつ薬を包装すること)を行い、配薬箱へお薬を準備したり、日付や医療機関名の印字、用法別毎のライン引き作業を行ったりと様々です。患者様、介護スタッフのご要望に出来る限りお応えしております。

薬局でお薬をもらうのとどう違うの?

患者様のご自宅にお伺いすることにより、より患者様の状況に合ったお薬の飲み方の説明、管理方法の提案を行うことができます。
また、お薬の状況を管理し、必要があれば医師と連絡を取り、日数の調節、飲み方の変更の提案などを行います。

誰でも利用できるの?

薬局への来局が困難と医師が認めた方に限ります。
なお利用のためには必ず医師の指示が必要となります。

※医療保険・介護保険ともにこのサ-ビスに保険が効き、医療保険では1~3割負担で、介護保険では1割の負担でこのサービスを利用することができます。

ページ上部へ戻る